« 排出権と「DISEの森」を創設でオフセット | トップページ | 横浜ノルディックウォーキングをグリーン電力でオフセット »

2009.01.26

2月中旬から排出権付き携帯電話の販売

兼松コミュニケーションズ 法人向けに1台につき20kgの排出権を付与

 兼松コミュニケーションズ株式会社は1月26日、排出権を付与した携帯電話を販売することを発表した。この取り組みは関東甲信越地域の法人企業向けに販売する携帯電話を対象にするもので、1台につき年間20kg分のCO2排出量が付与される。排出権は兼松株式会社を通じて購入したもので、付与した排出権は導入企業に代わって償却口座へ移転する。実施期間は2月中旬から4月末までを予定しており、償却後に法人企業ごとに証明書を発行する。

|

« 排出権と「DISEの森」を創設でオフセット | トップページ | 横浜ノルディックウォーキングをグリーン電力でオフセット »

カーボンオフセット商品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69981/43880188

この記事へのトラックバック一覧です: 2月中旬から排出権付き携帯電話の販売:

« 排出権と「DISEの森」を創設でオフセット | トップページ | 横浜ノルディックウォーキングをグリーン電力でオフセット »